就活のテーマソングをSMAPの『Dear WOMAN』に決めた話

 

 

お久しぶりです。キサラギです。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

さて、今回のタイトルなんですが、

新年1発目なのに他Gの話題かよ。

しかもこの時期にSMAPとか釣りかよ。

しかも『Dear WOMAN』って何年前の話だよ。

って思われてしまいそうなんですが、

その怖さよりも書きたい衝動が勝ってしまったので書きます。

 

 

今日の話なんですけど、

ある企業の採用面接に行ってきました。

実は面接自体は初めてではないんですけど、

それでも「落とされたくないな」とか

「内定ほしいな」とか思ってはいたので、

それなりに緊張してました。

 昨日から一応準備はしていたんですけど、

面接の時間が近づくにつれ「嫌だな~怖いな~」って

自信がなくなっていって、

気を紛らわすためにWALKMAN再生したら、

たまたま流れてきた曲がSMAPの『Dear WOMANでした。

 

これがもう大正解でした。

Dear WOMAN』先輩すごい。

いや、SMAP先輩もすごい。

なにがすごいかって、

たった5分足らずの間に

女性が喜ぶワードがこれでもかってほど

散りばめられてるんですよ。

しかもそれを永続的国民的スター集団、

SMAPが歌ってるっていう真実に「心からありがとう」。

SMAPがいろんな言い訳つけて

私のことを「美しい」と説得しようとしてくれる5分間、

至福のひととき。

個人的には特に2番サビの

「君が君でいることが~我が誇り」が

その時の心情的に1番グッときました。

思わず泣きそうになってしまったくらい。

正直、冷静になって聞くと

仰々しい言葉のオンパレードなんですけど、

落ち込んでる時にはこれくらいインパクトのある表現の方が

ちょうどいいというか、頭に残ってくれるんですよね。

そんなこんなで時間ギリギリまでずっと聴いてたら、

かなり自信つきました。

ていうか聴きすぎて面接直前には

「私は美しい。私はSMAPの誇り。そうSMAPが言ってる」

みたいな感じで軽く洗脳されてました。

面接中も心の中で

「別に落とされても私、SMAPの女だし?」って

変に強気になれたのでおすすめです(?)。

これに味を占めたので、

これからも面接の前には『Dear WOMAN』聴いて

必要以上に自信つけてもらおうと企んでます。

 

ありがとう、SMAP

SMAPはやっぱり偉大でした。

たとえSMAPが解散しても、

SMAPが残してくれたものは

いつまでも輝き続けるんだなって、

当たり前のことかもしれないけど、

改めて気づかせてもらいました。

 

てことで、受験生の皆様、就活生の皆様、

そして頑張ってる全ての皆様

みんなで『Dear WOMAN』聴いて乗り切りましょう~。

 

オチがない代わりに歌詞とAmazon貼っときます。

 

SMAP/歌詞:Dear WOMAN/うたまっぷ歌詞無料検索

 

Dear WOMAN

Dear WOMAN