三宅健の歌声にときめく曲10選

 
 
 
前記事で健くん編は今月中に頑張りますみたいなことを言いましたが、現在3月31日の午後5時を回ったところです。日付が変わる前になんとか書き上げたいと思います。しかも明日はエイプリルフールだからね。嘘にならないように頑張ります。
 
 
※いつも通りソロ、コンビ曲は対象外です。
※いつも通りリリース年月順です。

 

 1、『 Don't Stop The Refrain』 V6 (2000)

健くんと言えばかわいいというイメージを大きく覆してくれる一曲。『あぁもうセクシー』『最高にイイ感じ』って聞こえないくらいの声量で歌う健くんがセクシーでSっ気全開で最高にイイ感じ。とても二十歳そこそこの青年が歌ってるとは思えない。今の健くんの声だとまた違ってくるんだろうな。ぜひ聴いてみたい。

 

2、『X,T,C beat』20th Century feat.三宅健(2001)

おピンク曲が並ぶというミラクル。健くん×おピンク最強説ある。サビ直前の『ラーブ!』とか『セーイ』とか、エロかっこよくキメておいてちゃんとかわいさも忘れてない感じほんとあざとくてすきですけっこんしてください。後半のラップが歌詞も攻めまくっててかっこよさが凝縮されていて特にお気に入りです。

 

3、『Forget it all』Coming Century(2009)

 一気に2009年まで飛びます。2009年以降の健くんの声、特に好きなんです。この曲のイントロを聴くと、「あ、健くんの曲だ」ってなる。パートが多いのもそうだけど、健くんの声が一番この曲のSEに合ってる感じがする。あとキツめの口調の歌詞がとってもお似合い。

 

4、『ファイト』Coming Century(2009)

健くんの甘い歌声×難しい単語が並ぶシビアな歌詞っていうギャップが最高。特に2番のパートが感情こもってて涙誘う。『まだ見ぬ明日へ』の『へ』の伸ばし方が文字に表せないくらい美しい。『へ~ぇぇ~』って感じ(無理)。

 

5、『RADIO MAGIC』V6(2010)

以前、「『RADIO MAGIC』聴く度に健くんに恋する」とツイートしたところ、「いやイノッチだろ」と総ツッコミされてしまったことがあるんですが、誰に何と言われようと私はこの曲を聴くと健くんに恋する。具体的には『このRADIOのせいさ』で恋する。『このRADIOのせいさ』って言われるRADIO、うらやましいぞ。

 

6、『BING♂』V6(2013)

この健くんの声だけは何度聴いても慣れない。もちろんいい意味で。『12ヶ月』みたいなファルセットも好きだけど個人的にはこっちの色気ダダ漏れのバージョンも大好物。曲の初めでこれだけ動揺させておいて次に歌うときにはいつもの健ちゃんにけろっと戻ってるのずるい。

 

7、『FLASH BACK』V6(2013)

健くんと言えばコレ。コレを外したら全三宅担に串刺しにされそう。健くんが制作に携わっているだけあってたくさんのこだわりを感じますが、なんといっても『君を今より好きになってる』でしょうコレは。三宅担じゃなくてもキュンキュンしますよコレは。

 

8、『キミノカケラ』Coming Century(2013)

今からすっごい抽象的なこと言います。健くんの声って、カタカナがすごい似合う。『キミノカケラ ヒラヒラキエテク』とか『ボクノコイガ サラサラトケテク』とかほんとそのまま歌詞の通りに聴こえるの、健くんにしかできない技って感じ。あと『気づけば離れていった愛しい人』が切なすぎて胸が痛い。

 

9、『涙のアトが消える頃』V6(2014)

切ない歌もいい…。こういう大人にしか歌えない曲をとびきり大人っぽい落着いた声で歌うとかもう「良い」以外の言葉が見つからない。重い歌詞をただ淡々と歌ってるのがまた良い。

 

10、『HELLO』V6(2015)

曲が流れると同時に聴こえてくる健くんの呟くような微かな声とメロディ。覚えていられそう。ほんのひとフレーズなのに甘くて優しくて色気もあって健くんの魅力詰め合わせっていうお得感。急に眠気に襲われるくらい最高級の耳心地。

 

ということで、ただいま23時30分をまわったところです。ギリギ今日中に更新できそうです。というかここまで来たら意地でも今日中に更新せねば。にしても時間かかりすぎですね。実は最近PCを買ったので、タイピングの練習も兼ねて、初めてPCで文字を打ってるんですが、いろいろ調べものをしてるうちに気づいたら寄り道してました。なにやってんだろ。でもまあなんとかギリギリ間に合いそうなので結果オーライということで。

 

今回タイトルが『三宅健の歌声にときめく曲10選』ということですが、いかがでしたでしょうか。実はこのプレイリスト、昨日完成させたばかりで私自身もまだ10曲通しては聴けてません。これから聴いてキュンキュンしたいと思います。皆さんもよかったら一緒にキュンキュンしませんか。

 

そしてついに次回は岡田編ということでシリーズラストになります。自担ということもあって、俄然気合が入りそうです。どうなることやら。最後までお付き合いいただけると幸いです。